本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 01654-2-0110

〒096-0010 北海道名寄市大通南1丁目2番地

署長あいさつ

 ホームページをご覧の皆さんは、ジャンパーズ(Jumpers)と聞いて何を想像しますか?

 ウィンタースポーツの盛んな名寄市や下川町にお住まいの皆様は、スキーのジャンプを想像する方が多いかと思います。
 名寄市には「名寄市ピアシリシャンツェ」というジャンプ台があり、下川町にも大小4基のジャンプ台があります。
 また、下川町は葛西紀明選手をはじめ7名のオリンピアンを輩出し、岡部孝信氏など3名のメダリストが誕生したスキージャンプの町として有名です。現在、下川ジャンプ少年団には24名のジャンパーが所属し、葛西選手などを目標にして、将来のオリンピック出場を目指して日々練習しているそうです。
 7月26日、下川町出身のスキージャンプ選手であります葛西紀明さんと伊東大貴さんに下川町特別スポーツ功労賞、伊藤有希さんには下川町スポーツ功労賞が授与され、私も授与式に出席してきました。
 授賞式で葛西選手のお話を聞いたのですが、ふるさとをこよなく愛し、若者に夢を与え続けている姿勢を拝見し、警察署長として赴任地を愛し、地域の住民のために仕事をしていくことの大切さを、今更ながら強く感じたところであります。

        
         【名寄市ピアシリシャンツェを背景に】
        

          【土屋ホーム葛西紀明選手と署長】

 冒頭でお話ししたジャンパーズは、北海道警察が支援する学生ボランティアの名称で、スキーのジャンプとは残念ながら全く関係はありません。
 ジャンパーズは、
   ○ 地域の安全に関する活動
   ○ 少年の非行防止及び健全育成に関する活動
   ○ サイバー空間の安全の確保に関する活動

など、防犯に関するボランティア活動を行うことになっております。
 名寄市立大学の学生さんも3名登録していただいており、地域の防犯活動に取り組んでいます。
 地域の安全と安心を守るためには、様々な防犯活動に取り組んでいくことが大切です。ジャンパーズの活動も大変やりがいがあり、地域の安全安心のために欠かすことのできない活動ですので、ジャンパーズの活動に興味のある学生さんは、
  
名寄警察署 生活安全係(01654-2-0110 内線261)
までご連絡ください。

警察官という新たなステージに向けて
        あなたもジャンプ してみませんか?

北海道警察官募集中 「誰かの笑顔を守る。そんな仕事がある。」
 
1 2019年度第2回北海道警察官採用試験実施日程等
 ○ 採用予定人員 200名程度
          男性A区分 30名程度、男性B区分115名程度
          女性A区分 10名程度、女性B区分 45名程度
 ○ 受付期間 7月1日(月)~8月20日(火)
 ○ 第一次試験日 9月16日(月・祝)
 ○ 第二次試験日 10月中旬から11月上旬
2 警察官の仕事は、「笑顔を守る」仕事です。
 ⑴ 人の役に立つ、やりがいのある仕事です!
   北海道のために働きたい!困っている人を助けたい!誰かの笑顔を守るた
  め、警察官を目指しませんか。
 ⑵ 様々な知識、資格が役に立つ!趣味も生かせます!
   学生時代に学んだ知識、資格等を生かすことが可能です。ありとあらゆる
  知識、 技能、趣味までもが北海道警察で役立ちます。笑顔で仕事に取り組め
  ます。
 ⑶ 仕事もプライベートも充実!
   警察官は、他の公務員より高い給料形態になっています。また、有給休暇
  や特別休暇等の休みも充実。仕事もプライベートも充実し、自分と家族が笑
  顔になります。

 警察官を希望する方、警察の仕事に興味を持っている方、警察官になりたい友人や知人を知っている方は、
  
名寄警察署 警務課(01654-2-0110 内線211)
までご連絡ください。

令和元年 8月 1日
旭川方面名寄警察署
守谷  明浩