本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 01654-2-0110

〒096-0010 北海道名寄市大通南1丁目2番地

署長あいさつ

 ホームページをご覧の皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

 11月中旬以降、名寄でも雪の降る日が多くなり、道路にも徐々に雪山が出来てきました。名寄で初めての冬を迎えるのですが、
「雪質日本一の名寄」をどのようにして楽しもうか、今から楽しみにしています。

 全国で名寄にしかないSL排雪列車「キマロキ」が名寄市北国博物館前に展示されています。「キマロキ」編成とは、機関車の(キ)、マックレー車の(マ)、ロータリー車の(ロ)、機関車の(キ)の順に連結された排雪用編成列車の頭文字をとって名付けられたものだそうです。
 撮り鉄(鉄道ファンの中でも列車の写真撮影を趣味とする層)の間では、JR宗谷本線の「排雪ラッセル車撮影」が大人気で、例年ツアーを組んで排雪機関車(ラッセル車、DE15形)が雪を巻き上げながら北海道の大地を駆け抜ける雄姿を撮影に来る方が多数おりますが、一部マニアのモラルが問われる事件も発生しております。
 本州からラッセル車が雪を巻き上げるシーンを撮影に来た大学生数名は、線路上に雪がなかったため線路上に雪を積み上げるという事件が発生し、当署では鉄道営業法違反事件として大学生4名を検挙しております。
 私は過去に鉄道警察隊長として勤務した経験もあり、北海道新幹線開業や寝台特急「北斗星」「トワイライトエクスプレス」のラストランにも携わり、多くの熱心な撮り鉄の姿を見てきていましたので、このような事件は大変残念に思います。
 今シーズンも多くの撮り鉄がラッセル車の走行シーンを撮りに名寄へ来られると思いますが、
決められたルールを守り、鉄路の安全運行の妨げとなるようなことは決してしないでいただきたいと思います。
             
          【SL排雪列車「キマロキ」と署長】

飲酒運転の根絶 -大丈夫?昨日のお酒も気を付けて-
1 飲酒運転は悪質な犯罪!
 飲酒運転は、悲惨な交通事故を引き起こす悪質、危険な運転行為です。 
 お酒を飲むとわずかな量でも運転に大きな影響を及ぼし、重大事故を起こす 可能性が高まります。
 二日酔いでの運転も「飲酒運転」です。少しでも
身体にアルコールが残っているようなら、運転は絶対
にやめましょう。
 皆さん一人一人が「飲酒運転をしない、させない、
許さない」ことを強く意識して、地域全体で飲酒運転
を根絶しましょう。
2 飲酒運転は、運転者以外も処罰の対象!
 車を運転する恐れのある人にお酒を提供したり、お酒
を飲んでいる人に車を提 供したり、飲酒運転の車に同乗
すると、たとえお酒を飲んでいなくても処罰の対象になり
ます。
3 飲酒運転情報の提供!
 北海道警察では、悪質な飲酒運転を根絶する目的で、
「飲酒運転ゼロボックス」を運用しています。「今まさに、
飲酒運転をしそう!している!」等の情報をメールでも受
付しています。
 皆さんの周囲の人が飲酒運転による交通事故の被害に
遭わないように、ぜひ飲酒運転に関する情報、または飲酒
運転根絶に向けたアイディアをお寄せください。
 ただし、
すぐに対応が必要な場合は、110番通報をお願いします。

令和元年 12月 1日
旭川方面名寄警察署
守谷  明浩